福井市の高木中央という所で洋服屋さんをやっています。
メンズ・レディース・雑貨のお店です。
IVYIZM(アイビズム)といいます。
一つ宜しくお願い致します。

ファッションは自己表現。
かっこいいとか、かわいいとか、人が評価するもんじゃなくって
自分自身が納得できているかどうかだと思う。
そして
自分自身が輝けているかどうかだと思う。

世の中には絶対が2つあって、それは
今、生きている事と
これから先、死んでいく事だ。

どうせ生きているのならば
どうせ死に行くのならば

ゆっくりのんびり楽しみながら生きて行こう。
死んで行こう。

自分が自分を大好きって思える自分で居てあげよう。

見てくれた人がなんかしら感じてくれたらそれで満足。

お互い、ゆっくりのんびり楽しみましょう。


アイビズムinfo
 福井市高木中央2−406(P・8台有り)         TEL/0776−63−6590 
    Open−Close:11〜20時
     定休日:木曜(祝日の際は通常営業)
facebookページはコチラからどうぞ〜!![いいね!]してもらえればチェックしやすくってオススメですよ〜!! IVYIZM 【アイビズム】

Facebookページも宣伝



ゆにせっくす




日々がまだバタバタで
商品の紹介が中々できずスミマセン...

というわけで
久しぶりのアイテム紹介!

男女問わず
ユニセックスでお使いできる
ドルマンカットソー!

落ち感のある生地で
ドレープがきれいに出来るだけでなく
裾の両サイドが長めにデザインされていて
着た時に動きがすごく出る
立体感を楽しめちゃう一品です!!

着ていて楽チンなのは勿論のこと
ショートパンツにも相性もバッチリですので
これからの暑い夏シーズンには持って来いのアイテム。

ありそうで中々ないアイテムだと思いますので
こういったデザインアイテムがお好きな方は
ぜひぜひチェックしてみて下さいね〜!!
|新アイテム | comments(0) | trackbacks(0)
CAFEのお話し
今回新しい要素として
CAFEスペースを始めたわけですが
お客さんからもどんな感じでやってるのかと思ってた〜
とのお声も多いので
少しご紹介させて頂きます〜!!




今のトコ
メニューはまだこれだけですが
これから少しずつ増やしていこうと模索中。

当たり前の事だけど
やる以上は、出す以上は
しっかりと自分達が美味しいと思えて
お金を頂ける、そんなクオリティーのものを出していかなきゃいけないので
だいぶ厳選はしてしまってますが
どれもホントオススメです。

その中からまずは
もうすっかり定着してきた



アイスコーヒー。
ブラジル・グァテマラ・コロンビアを
アイス用にブレンドし深煎りで焙煎された豆を
注文が入ってからその場で挽き
ゆっくりハンドドリップにて丁寧に抽出し
一度氷水で冷やし直しをしてからのご提供。
少しお時間はかかりますが
とっても美味しいですよ〜!!

それと
もう一つオススメが




自家製のアイスクリーム。
写真はクッキー&クリームですが
もう一つストロベリーもあってそちらもオススメ!

こちらコクがしっかりあるんですが
後に残るしつこさがなく
大人から子供までぺろっと食べれる
どこか懐かしさの感じるアイスクリーム!笑

とにかく
僕達には凝った事や
派手な盛り付けなんてできるわけがないからこそ
シンプルに美味しい。
そう思えるものをご提供していけたらな〜と思っています。

お洋服も勿論ですが
シンプルにかっこいい、かわいい
そう思えたらそれが正解。
そんなスタンスで10年セレクトショップをやってきた自分達だからこそ出来る
自分達らしいCAFEを
少しずつ創り上げていこうと思います!

ぜひぜひコチラの方もお試し下さいね〜!!
明日も皆様のご来店を心よりお待ちいたしておりま〜す!!
|日常 | comments(1) | trackbacks(0)
10th Anniversary Tee



バタバタですっかりご紹介が遅くなりましたが
OPENと同時に
IVYIZM 10th Anniversary Teeを
発売させて頂きました〜!!

今回のテーマは
「FLOWER OF LIFE」

本来、深い意味合いを持ち
神聖な幾何学図形でもある
FLOWER OF LIFEを
自分なりの解釈と意味を持たせ
今回のモチーフにしました。

一つは
繋がりに感謝という事。

キレイごとでもなんでもなく
僕達に関わってくれている
みなさんが居てくれるからこそ
今日の自分達が在ります。
改めてその感謝の気持ちを込めて。

そして
今回の店作りの根底にもあった
自分が愛してやまない
様々なカルチャーや事柄は
一見バラバラなようで
全ては自分を創る一つの物へと
繋がって行く。
それらを大切にしていこう。

ざっくり言うと
こんな意味を今回のTシャツに込めました。

カラーは写真では分かりにくいのですが
まさかの12色展開!!笑

ブラック・ホワイト・スミクロ・ネイビー・デニム・ダークパープル・サンドカーキ
ナイトブルー・バーガンディー・ショッキングピンク・グリーン・エバーグリーン
の全12色展開で
サイズはS・M・L・XL
の4サイズ展開。
お値段は3000円とお手頃プライスでございます!

僕達に関わって下さっている方々にこそ
お手に取って頂きたい
気持ちを込めまくったアイテム。
ぜひぜひチェックしてみて下さいね〜!!
|新アイテム | comments(2) | trackbacks(0)
始まりの時

7月8日
なんとか無事にOPENもできて
とりあえずひと安心。

オープンの土日来て頂いた方
お祝いまで贈ってくれた方
めちゃくちゃありがたくって、嬉しくって
やっとこの場に帰ってこれた。
なんだかそんな気持ちでいっぱいでした。

洋服とCAFEの共存スペース。
慣れない事ばかりで
課題も山積みで
大変なことは目に見えているけれど
苦労して生み出したこのお店を
もっともっとたくさんの方に愛してもらえるようにしていく事こそが
ここから何よりも大事だと思っています。

お店を始めて10年経ったけれど
気持ちは1年目、
今からがスタート。
そんな気持ちを持って
良いお店にしていきます!!

新しいアイビズムを
これからまた
何卒よろしくお願い致します!!

ぜひぜひお茶のみがてらにでも
お立ち寄り下さいね〜!!

|日常 | comments(2) | trackbacks(0)
前夜
深夜2時。

前夜も結局ギリギリまで試行錯誤で
明日に備えて早く帰らなきゃ〜
なんて思ってはいたけれど
とうてい無理な話しで
あっという間に午前様。

ひとまず
ここがタイムリミットなようで
最終的にはまだまだ未完成。

でも
全部出し切った。
自分が表現したかったモノ
自分が創りたかった空間。
僕が好きなもの、憧れていたもの
全てを詰めこんだ
「今の自分のすべて」
これが僕なんですって
言葉に出さなくても分かってもらえるような
ある意味で赤裸々な店になった。

楽しいよりも苦しみが多かったこの4ヶ月ちょい。
表現者特有の産みおろす辛さを
少しだけ垣間見ました。

それでもここまで辿り着けたのは
数え切れないほど
僕に協力をしてくれたたくさんの人のおかげさまなんです。

絶対に自分だけではここに来れなかった。

だからこそ
そんな人たちに自分が出来る事といえば
最高の店を創る事しかなかった。
関わってくれたみんなが
誇ってもらえるようなそんなお店を。
一つの妥協なんぞも出来るわけもなく
ただひたすらにそこだけを目指した。

その甲斐もあって
最高の器というかベースはできた。
でも本当の意味で
ここがスタートライン。

正直、品揃えや陳列、カフェのメニューなど
具体的なところは全然まだまだで
そこに頭を注ぎ込む余裕がほとんどなかった。
なんとかリミットに間に合わせた感じ。

そういった意味でまだお店は未完成。
でも必ずもっともっと良くしてみせる。
その為の大きな武器はようやく創れたから。


最後に一番感謝をしなくてはいけない人。
親父へ

いつもいつも本当にありがとう。
俺がやりたいこと、考え、いろんな物を汲み取ってくれて
身体もしんどいのに日々一緒になって根気してくれて
どれだけ感謝しても足りないくらいに感謝の想いでいっぱいです。

IVYIZM
親父のお店IVYを継げなかった代わりに
精神や主義だけは継いでいきたい
そんな想いで名付けたこのお店だけど
やっと今回の店造りで
その名にふさわしい店に近づけた気がします。

まだまだこっから
その名に恥じぬよう
いい店にしていくよ。


お客様には4ヶ月以上もお待たせしてしまい
本当に本当にご迷惑をお掛けしました。

またここから新しいストーリーが生まれていく
そんなお店になったと思います。
ぜひ一度見に来て頂けたら本当に嬉しいです。

ようやく自分も社会復帰で
不手際いっぱいにならないか
心配だらけではございますが
またここから
新しいアイビズムを全うしていきたいと思いますので
ひとつ御贔屓に宜しくお願い致します。


IVYIZM

2017年7月8日

12時 Re START!!

(翌9日からは通常通り11時OPENとさせて頂きます)




 
|日常 | comments(2) | trackbacks(0)
これからを考えた時に
アイビズムとして
これからを考えた時に
このままではいけない。

僕はそう思いました。

インターネットで物が買うことがあたりまえになり
情報も全てネットで揃い
ある種、それなりに高い質で
世の中が均一化されつつある現代。

その中で
リアルな店舗としてどう生きていくか?

出来るかどうかは別として
一つは
その場所でしか味わえない、体感できない空間であること。

そしてもう一つは
来てもらう動機(入口)を増やす事でした。

そう考えたきっかけは
今年の1月に京都に行った時の事。

とりあえず新しく動き始めるにあたって
いろんなお店に行ってみようと思い
ひたすらセレクトショップをみて歩いたのですが
初めていくお店って
やっぱり心に警戒の壁を作ってしまってて
結局お店に入っても
さ〜っと見てすぐ出てきちゃうんですよね。
だからどんなに素敵なお店でも
魅力の半分も自分の中に入ってこない。

その中で途中、歩き疲れもあって
いくつかのCAFEに立ち寄ったんですが
ものすごく居心地がよくて
むしろこっちのお店の方が
いろいろ興味が湧いてきて
無駄にお店の中を散策してみたり。笑

そこでふと
ここにヒントがある。
そう思いました。

CAFEのような居心地のよさを感じれる
ふらっと立ち寄りたくなる
そんなお店を創れない物かと。

よくある一つの建物に
ショップとCAFEが仕切られて共存している形態ではなく
完全に一つの空間でショップとCAFEと自分達スタッフが融合しているカタチを
創れないものかと。

なんなら自分が不定期でオーガナイズしている
ライブなんかも自分のお店でやれたらおもしろそうだし
プライベートで自分が体感してきた素敵だと感じたいろんな要素を
洋服の提案や見せ方に取り入れてみたり
などなど
無意識に自分の中に残っていた
面白いものを
一つにまとめたそんな空間。

簡単な事じゃないし
賛否両論いろんな意見が飛び交うことは
容易に想像がついたので
だいぶ悩みました。

でもある種
開き直りも出てきて
そもそも、万人にウケるお店なんて
この規模で出来るわけがないんだから
自分の感性を信じて
自分が心からこんなお店だったら
そこにわざわざ行く価値のあるお店だと思える
そんなお店を創ろう。
自分の感性に共感してもらえる人はきっと来てくれるだろうし
そうじゃない人は来ないだけ。

なんだかそう思うようになっていきました。

だからこそ、正直これで売上が伸びる〜
とかなんて甘い考えはまったくございません。

ただきっと
洋服しかなかった時よりも
ふらっと遊びにはきやすくなるんじゃないのかなっては思ってます。

もちろん僕達も生活があるから
売上がなかったら困るんだけど
やっぱりお店というのは
遊びにきてもらってなんぼ。

そこから生まれていくものってやっぱりあると思うし
それらは本来持っていた
セレクトショップの意義のような気がしています。
人が集い、そこで関係が生まれ
いろんな情報が飛び交う
そんな場所。

今後ネット販売も考えないわけではないけれど
まずは基礎でもある
この場所こそが輝かないと
自分はそもそもお店を続けていけない。
だって
そんな道を歩いていきたくってそもそも
自分でお店を始めたから。

とは言え
現実的に出来る事と出来ない事もあるわけで
完璧なCAFEというか飲食なんて
できっこないので
あくまで自分達らしい形態にはなりますが
新しい要素として
そんな空間をお店に作りました。

それもあって本当に模索の毎日で
むしろOPENは
スタートラインにたっただけで
そこからが創り上げていく
終わりの無い日々の始まり。

どうか温かい目で見てもらえたらなと思っております!笑

今はお店を最終で仕上げつつ
コーヒーを淹れる練習と
デザートの試作の日々!

とりあえずキチンと飲食としての営業許可もおりたので
一安心です。

OPENまでにどこまでクオリティーをあげれるか分からないけど
楽しみにしてて下さい〜!!

再スタートまで
残りあと6日。
これが最後の一週間
走りぬきます〜!!

|日常 | comments(1) | trackbacks(0)
再始動

ゴールが見えない道のりを歩き出しておりましたが
ようやく、本当にようやく
再始動する為の着地点が見え始めてきました。

まだまだやるべき事は盛り沢山なので
絶対に確定とは言い難いけれど

ひとまず

7月8日(土)

 

より
 

アイビズム再始動させて頂きます!!
(変更になったらホントごめんなさい...)

当初は3ヶ月位を目処にしていて
6月にはOPENできてたらな〜って思っていましたが
ホント考えがあまちゃんでした。

5月後半から最終的な店内の仕上げにかかっていたのですが
イチからイメージを創り上げる
その大変さを今回は沁みいるほどに
肌で感じまくっております。

でも、多分素敵に仕上がってきていると思いますので
楽しみにしていてもらえたらなと。。

とにもかくにも
本当にこれがラストスパート。
駆け抜けます。

 

 



 

|お知らせ | comments(1) | trackbacks(0)
山を越え
一つの山場でもあったこの一ヶ月ちょい。
ようやく乗り越え
気持ち的にはやっと一息つけた感じ。

この1ヶ月ちょいは
今回自分の中でとても重要だった
外回りの事に着手していて
とにもかくにも大変だった。

身体がもうとにかくボロボロで
危ない目にもあいました。

毎日カンカン照りの下にいるので
とても洋服屋には見えない程に
顔も身体も日焼けでまっくろけ。

休みなんぞとれるわけもなく
日々もくもくと着々と
作り続ける毎日。

それでも笑って頑張れたのは
手助けをいっぱいしてくれる
周りみんなのおかげさまでした。

つくづく皆に
生かされてると思える
そんな毎日。

大きな大工仕事としては
ほぼほぼ目処がたったので
これからがラストスパート。
店内の最終仕上げやディスプレイ、仕入れに陳列と
やっと本業のお仕事の始まりです。

目標は6月中にOPEN!!
まだまだどうなるかは分からないけど
とにかくそこを目指して
突っ走ります〜!!


 
|日常 | comments(1) | trackbacks(0)
10年

4月14日。
早いものでアイビズムもOPENしてから10年が経ちました。
11年目にいよいよ突入。

10周年はひとつの区切りとして
イロイロ感慨深い物とかあるんだろうな〜と
昔は思っていましたが
なんのことはなく
そして感傷にひたる間も今はあるわけも無く
積み上げてきた物を一度壊し
新しく創りあげようとしている
今の自分としては
10年前の開業前
まさしく「今」からお店を始める。
そんな心境にとっても似ています。
不安とワクワクが入り混じった
なんとも言い難い色。

今進んでいる道が
果たして良いのか悪いのか
誰も分からないからこそ
自分の中で突き上げてくる
衝動を信じて今は進むしかないっすね。

というわけで
お店もまだ再始動していないのに
なんか変な感じですが
11年目のアイビズムもひとつよろしくお願い致します。


ちなみにここしばらくは
店内の壁の仕上げをしていました!

3月に作っておい塗装後の
木材を使い



奥の壁はこれで完成。
そして今回の改装でこだわりたかった
店内右手の壁に着手。




いわゆる
ヘリンボーン壁というやつですが
これがキレイに仕上げようとすると
はんぱなく難しい。

基本は
仕上げたいピッチ幅を均等に割り付けし
垂直のラインを出したら
木材を45度に切って貼っていくという作業なのですが
普通にやったらほぼズレが出てきます。
多分最後の方とかは頂点と頂点が全然揃わない位の感じ。

僕はありがたい事に
周りに頼れる兄貴がいてくれるので
さっそく相談。
カンナで部分的に削ったり微調整を繰り返しといった
本職の技や知識をふんだんに取り入れる事で
素晴らしい出来栄えのヘリンボーン壁が完成です!!

それであまりにも素敵になった
壁中央に対して
両サイドをどうしようか
かなり悩みに悩んだあげく




親父の店から
少し古い材木をわけてもらい
それプラス新しい木材と
今まで店内で使っていた木材を裏使いし
それらをランダムに使った壁にしようと着地。




これはほんとトライ&エラーの繰り返しで
だいぶ頭を悩ませながら
切って貼ってまた外しての末
ようやく完成。




右手の壁は
あえて塗装をかけず
木の表情や質感を楽しめる感じに仕上がりました。
多分ここから照明や置く物で
雰囲気がまたガラリと変わるハズだから
自分でも楽しみ!

そしてここまでが先週末までの流れで
今は外回りのことに着手していて
これからの1ヶ月が
外のことも中のことも
だいぶ山場。

考える事はまだまだあって
身体もかなりしんどいけど
これ乗り越えたらきっとまた違う景色が待ってるんだろうな〜と信じて
今はひたすら突き進んでいきます〜!!


 

|日常 | comments(0) | trackbacks(0)
気付けばもう春

あっという間に休業期間ももう一ヶ月。
とにかく頭も身体もフル回転で
めまぐるしい毎日。

改装を進めていく中で
ようやく次に向けての具体的なイメージも固まり
まだまだ先は長いけれど
一歩一歩確実に前に進んでいます。

ざっくりとになりますが
改装の記録です〜。

まずは天井。



柱を1本抜く為に
ハリを1本いれてまずは屋根の補強から。



そこから天井がベコベコにならないよう
水平のラインを出し
石膏ボードを貼る為の下地を作り
断熱材を仕込んだら
石膏ボードを貼って天井の完成。

そしてお次は壁。
新しい構想の為
前回よりさらに壁を一度めくり


次は窓を使うので
窓を生かして天井と同じく
平行のラインを出してから
ボードがはれるよう下地の下地を作り
コンパネを貼って壁の下地完成。

 

そして今回は下地に木を採用。
この下地に何を使うかというのがとても大事で
例えば壁の仕上げにペンキを塗ったり
前のように漆喰という塗り壁のようなものの場合は
安上がりだし天井と同じく石膏ボードでいいのですが
今回は木を活かした壁に仕上げようと思っていて
勿論ビス(ネジ)を打ちますよね。
という事はその下にある素材はビスがしっかりと刺さる
素材でないとダメなのです。
これが石膏ボードだとビスを打ってもフカフカして
結局簡単に取れちゃうので
今回はお店の半分は贅沢に一面木の下地。
これで壁はなんでも打ち放題のとめ放題!笑
ちなみに今日からはこの壁面の本仕上げです!

そして床〜!!




これも後は塗装をかけて終わり!!
ちなみに床・壁・天井の

下地を打つ為の下地作りの材料は

殆ど解体した元々使っていた物を使用。

これだけでも材料代がバカにならないので

この為に丁寧に解体作業をしていたわけでございます。

 


ここに来るまでに



これから大量に使う
うちが大好きなジャンクペイントの材料を作ったり
店内に直接施したりもしつつ



次の展開で使うアンティークの色々な物を探しにいったり
話しを聞きにいったりもしつつ



だいぶ遅くなっちゃったけど
子供達の七五三もしたりと
かなりかなりの濃厚な毎日。

ようやく自信を持って
「次のお店は面白くなる」
って確信めいたものを感じれるようになってきたので
ただいまめちゃくちゃ燃えております!
時間はかなりかかりそうですが
楽しみに待ってて下さいね!

それでは今日も1日頑張ってきます!!





 

|日常 | comments(0) | trackbacks(0)