福井市の高木中央という所で洋服屋さんをやっています。
メンズ・レディース・雑貨のお店です。
IVYIZM(アイビズム)といいます。
一つ宜しくお願い致します。

ファッションは自己表現。
かっこいいとか、かわいいとか、人が評価するもんじゃなくって
自分自身が納得できているかどうかだと思う。
そして
自分自身が輝けているかどうかだと思う。

世の中には絶対が2つあって、それは
今、生きている事と
これから先、死んでいく事だ。

どうせ生きているのならば
どうせ死に行くのならば

ゆっくりのんびり楽しみながら生きて行こう。
死んで行こう。

自分が自分を大好きって思える自分で居てあげよう。

見てくれた人がなんかしら感じてくれたらそれで満足。

お互い、ゆっくりのんびり楽しみましょう。


アイビズムinfo
 福井市高木中央2−406(P・8台有り)         TEL/0776−63−6590 
    Open−Close:11〜20時
     定休日:木曜(祝日の際は通常営業)
facebookページはコチラからどうぞ〜!![いいね!]してもらえればチェックしやすくってオススメですよ〜!! IVYIZM 【アイビズム】

Facebookページも宣伝



<< 第一段階 | main | 10年 >>
気付けばもう春

あっという間に休業期間ももう一ヶ月。
とにかく頭も身体もフル回転で
めまぐるしい毎日。

改装を進めていく中で
ようやく次に向けての具体的なイメージも固まり
まだまだ先は長いけれど
一歩一歩確実に前に進んでいます。

ざっくりとになりますが
改装の記録です〜。

まずは天井。



柱を1本抜く為に
ハリを1本いれてまずは屋根の補強から。



そこから天井がベコベコにならないよう
水平のラインを出し
石膏ボードを貼る為の下地を作り
断熱材を仕込んだら
石膏ボードを貼って天井の完成。

そしてお次は壁。
新しい構想の為
前回よりさらに壁を一度めくり


次は窓を使うので
窓を生かして天井と同じく
平行のラインを出してから
ボードがはれるよう下地の下地を作り
コンパネを貼って壁の下地完成。

 

そして今回は下地に木を採用。
この下地に何を使うかというのがとても大事で
例えば壁の仕上げにペンキを塗ったり
前のように漆喰という塗り壁のようなものの場合は
安上がりだし天井と同じく石膏ボードでいいのですが
今回は木を活かした壁に仕上げようと思っていて
勿論ビス(ネジ)を打ちますよね。
という事はその下にある素材はビスがしっかりと刺さる
素材でないとダメなのです。
これが石膏ボードだとビスを打ってもフカフカして
結局簡単に取れちゃうので
今回はお店の半分は贅沢に一面木の下地。
これで壁はなんでも打ち放題のとめ放題!笑
ちなみに今日からはこの壁面の本仕上げです!

そして床〜!!




これも後は塗装をかけて終わり!!
ちなみに床・壁・天井の

下地を打つ為の下地作りの材料は

殆ど解体した元々使っていた物を使用。

これだけでも材料代がバカにならないので

この為に丁寧に解体作業をしていたわけでございます。

 


ここに来るまでに



これから大量に使う
うちが大好きなジャンクペイントの材料を作ったり
店内に直接施したりもしつつ



次の展開で使うアンティークの色々な物を探しにいったり
話しを聞きにいったりもしつつ



だいぶ遅くなっちゃったけど
子供達の七五三もしたりと
かなりかなりの濃厚な毎日。

ようやく自信を持って
「次のお店は面白くなる」
って確信めいたものを感じれるようになってきたので
ただいまめちゃくちゃ燃えております!
時間はかなりかかりそうですが
楽しみに待ってて下さいね!

それでは今日も1日頑張ってきます!!





 

|日常 | comments(0) | trackbacks(0)









http://ivyizm.jugem.jp/trackback/2811