福井市の高木中央という所で洋服屋さんをやっています。
メンズ・レディース・雑貨のお店です。
IVYIZM(アイビズム)といいます。
一つ宜しくお願い致します。

ファッションは自己表現。
かっこいいとか、かわいいとか、人が評価するもんじゃなくって
自分自身が納得できているかどうかだと思う。
そして
自分自身が輝けているかどうかだと思う。

世の中には絶対が2つあって、それは
今、生きている事と
これから先、死んでいく事だ。

どうせ生きているのならば
どうせ死に行くのならば

ゆっくりのんびり楽しみながら生きて行こう。
死んで行こう。

自分が自分を大好きって思える自分で居てあげよう。

見てくれた人がなんかしら感じてくれたらそれで満足。

お互い、ゆっくりのんびり楽しみましょう。


アイビズムinfo
 福井市高木中央2−406(P・8台有り)         TEL/0776−63−6590 
    Open−Close:11〜20時
     定休日:木曜(祝日の際は通常営業)
facebookページはコチラからどうぞ〜!![いいね!]してもらえればチェックしやすくってオススメですよ〜!! IVYIZM 【アイビズム】

Facebookページも宣伝



<< 気付けばもう春 | main | 山を越え >>
10年

4月14日。
早いものでアイビズムもOPENしてから10年が経ちました。
11年目にいよいよ突入。

10周年はひとつの区切りとして
イロイロ感慨深い物とかあるんだろうな〜と
昔は思っていましたが
なんのことはなく
そして感傷にひたる間も今はあるわけも無く
積み上げてきた物を一度壊し
新しく創りあげようとしている
今の自分としては
10年前の開業前
まさしく「今」からお店を始める。
そんな心境にとっても似ています。
不安とワクワクが入り混じった
なんとも言い難い色。

今進んでいる道が
果たして良いのか悪いのか
誰も分からないからこそ
自分の中で突き上げてくる
衝動を信じて今は進むしかないっすね。

というわけで
お店もまだ再始動していないのに
なんか変な感じですが
11年目のアイビズムもひとつよろしくお願い致します。


ちなみにここしばらくは
店内の壁の仕上げをしていました!

3月に作っておい塗装後の
木材を使い



奥の壁はこれで完成。
そして今回の改装でこだわりたかった
店内右手の壁に着手。




いわゆる
ヘリンボーン壁というやつですが
これがキレイに仕上げようとすると
はんぱなく難しい。

基本は
仕上げたいピッチ幅を均等に割り付けし
垂直のラインを出したら
木材を45度に切って貼っていくという作業なのですが
普通にやったらほぼズレが出てきます。
多分最後の方とかは頂点と頂点が全然揃わない位の感じ。

僕はありがたい事に
周りに頼れる兄貴がいてくれるので
さっそく相談。
カンナで部分的に削ったり微調整を繰り返しといった
本職の技や知識をふんだんに取り入れる事で
素晴らしい出来栄えのヘリンボーン壁が完成です!!

それであまりにも素敵になった
壁中央に対して
両サイドをどうしようか
かなり悩みに悩んだあげく




親父の店から
少し古い材木をわけてもらい
それプラス新しい木材と
今まで店内で使っていた木材を裏使いし
それらをランダムに使った壁にしようと着地。




これはほんとトライ&エラーの繰り返しで
だいぶ頭を悩ませながら
切って貼ってまた外しての末
ようやく完成。




右手の壁は
あえて塗装をかけず
木の表情や質感を楽しめる感じに仕上がりました。
多分ここから照明や置く物で
雰囲気がまたガラリと変わるハズだから
自分でも楽しみ!

そしてここまでが先週末までの流れで
今は外回りのことに着手していて
これからの1ヶ月が
外のことも中のことも
だいぶ山場。

考える事はまだまだあって
身体もかなりしんどいけど
これ乗り越えたらきっとまた違う景色が待ってるんだろうな〜と信じて
今はひたすら突き進んでいきます〜!!


 

|日常 | comments(0) | trackbacks(0)









http://ivyizm.jugem.jp/trackback/2812